医療法人のメリット|独立する人に集客の方法教えます|飲食店経営のコツを掴む

独立する人に集客の方法教えます|飲食店経営のコツを掴む

男性

医療法人のメリット

治療室

大阪で開業した歯科医院を医療法人にするにはいくつかの注意点があります。まず大阪で歯科医院を医療法人として開業する手続きは、大阪府や法務局、保健所や社会保険事務所などさまざまなところで書類を申請し認可されなければなりません。したがって申請には時間が相当かかるので、すべてのスケジュールを確認し調整する必要があります。また法人の場合は個人の時と違いお金の細かい管理が必要になり、経費の管理に手間がかかります。さらに医療法人になると小規模医療共済や年金基金に加入ができなくなり、強制的に社会保険に加入されます。他にも医療法人になるには3人のオーナーが一般的に必要になるので、オーナーになってくれる人がいるかどうかも確認することが大切です。

大阪で開業した歯科医院を医療法人にするとさまざまなメリットがあります。第一に納税する税金を減らすことができます。例えば個人所得だと695万円を超えると税率が23%になります。これは段階的に上がり900万円で33%、1800万円で40%、4000万円を超えると45%になってしまいます。しかし開業した歯科医院を特定医療法人にすれば800万円を超えても19%なので、大きな節税効果が期待されます。さらに法人設立後は消費税が1、2年間免除されるのでさらに納税する税金を減らせます。他にも医療法人にするメリットとしては、経費が適正に処理することができ経営の健全化を図ることができます。さらに役員として給与や退職金を受け取ることもできます。